お客様のサイトの信頼性を高めるにはSSLの取得が重要です

暗号化のイメージ

SSLはインターネット上で情報を暗号化して送受信する通信手順のことです。ウェブサイト内のデータを暗号化し、プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号、顧客個人情報、ID・パスワードなどを安全に送受信することができます。サイト閲覧者は安心してウェブサイトを利用することができます。

ssl.png

近年セキュリティの観点から、ショッピングサイトなどに限らずSSLの利用が不可欠となっています。(常時SSL化
SSLは自認証という方法で暗号化をする事はできますが、その通信先が正しいサーバかどうかについては証明されないため暗号化されているからといって送信先が正しいものかどうかはわかりません。 そのためSSLの利用には、サーバが正しい所有者が利用しているものかどうかを証明するために、第三者機関の認証局を利用します。近年では、無償のSSLサーバ証明書もある為手軽に導入することができます。

SSLサーバ証明書を使用するメリット

POINT1

通常、ウェブサイトの閲覧時には「サイト閲覧者のブラウザ ※」と「サイト運営者のWebサーバ」との間で『 http 』という通信手順によって通信が行われていますが、『 http 』はセキュリティ機能を持っていないためクレジットカード情報などを入力するショッピングサイトや、お問い合せぺ―ジ、資料請求ぺ―ジ、お申込みぺ―ジなど、お客様情報を扱うページから悪意のあるハッカーに個人情報を盗み見られてしまう可能性があります。 一方、SSLは「サイト閲覧者のブラウザ ※」と「サイト運営者のWebサーバ」がSSLサーバ証明書を利用して暗号化通信を行うため、安全な情報のやりとりが可能となり大切なお客様の情報が漏えいする心配はありません。

※ ウェブページ閲覧のためのアプリケーションソフト。Windowsでは「EDGE」、Macintoshでは「Safari」が代表的です。

POINT2

ウェブサイトに専用のロゴを入れていても、サイト名を明記していても、サイト閲覧者が確実に「これは本物のサイトである」とはなかなか判断できないものです。実際に多発している「フィッシング詐欺 ※」は、例えば、実在する銀行のウェブサイトと瓜二つなサイトを作成することで、実際の顧客を誘導し顧客情報を盗み出して不正出金をしています。
その点、SSLサーバ証明書はWebサーバに対して発行されるもので、ドメイン名を認証します。第三者機関である認証局が、Webサーバを運営している企業や団体が実在するかどうか、ドメインの所有者かどうかを調べ、Webサーバ単位でSSLサーバ証明書を発行します。

サイト閲覧者はどのようにして「SSLサーバ証明書の取得」に気がつくのか?

1.URLで確認する

サイト閲覧者がいち早くウェブサイトのSSL暗号化通信の可否を判断できるのが「URL」です。

  • 通常の通信手順の場合「http://ドメイン名」
  • SSL暗号化通信手順の場合「https://ドメイン名」

2.ブラウザで確認する

SSL化されているウェブサイトは、URLの左側に鍵のマークが表示されています。各ブラウザの提供する機能でSSLサーバ証明書の詳細を表示することができます。

表示金額は税込み(税率8%)