Windows Serverライセンス

Windows Serverライセンス(SPLA)

項目 内容 月額料金
OS Windows Server Datacenter Edition 3,300円 / 1コア
  • Administrator権限はお客様所有となります。マネージドサービスはご利用いただけません。
  • Windows ServerのバージョンはMicrosoftサポート期限内のものとなります。
  • MRSクラウドのサーバスペックにより算出。1コア(1vCPU)あたり3,300円のライセンス費用が発生します。ユーザーCALは不要です。

追加ライセンス

ソフトウェア名 エディション バージョン 月額料金
Microsoft SQL Server[※1] Standard Core 指定なし 24,200円/ 2コア
最低4コア(48,400円)
追加2コア単位(24,200円)
Microsoft Office SAL[※2] Office Standard 2,200円 / 1ユーザー
リモートデスクトップ(RDS SAL)[※3] 1,100円 / 1ユーザー
  • サーバに追加可能なソフトウェア(プリインストールするソフトウェア)の料金となります。その他ソフトウェアについては、サービスサイトをご覧ください。
  • 追加ソフトウェアは、新規申し込み時に同時申し込みが必要です。追加でのお申し込みはできません。
  • 1:SQL Serverのインスタンス追加などには対応しておりません。
  • 1:SQLサーバのコア数は、稼働しているサーバのコア数によります。
  • 1:費用は「2コア」あたりの金額です。ライセンス対象は最低4コアとなり、ご利用の仮想コア数によって月額費用が算出されます。
    (例)4コアご利用の場合 ⇒ 月額費用:24,200円×2=48,400円
    (例)8コアご利用の場合 ⇒ 月額費用:24,200円×4=96,800円
  • 2:利用ユーザーごとに1ライセンス必要です。ご利用にはリモートデスクトップライセンスが必要となります。
  • 3:利用ユーザーごとに1ライセンス必要です。

上記以外はお問い合わせください。

Microsoftライセンスについて

  • MRSクラウドでご利用いただけるMicrosoft製品のライセンスは、SPLA(サービスプロバイダ向けライセンス)にて提供しています。
  • 「Microsoft SQL Server」のライセンスは、Microsoft社のSPLAで定義されている「コアライセンス」のみの提供となります。
  • サーバのソフトウェアにアクセスできるユーザー数は無制限です。
  • 「リモートデスクトップ(RDS)SAL」「Microsoft Office SAL」のライセンスは、Microsoft社のSPLAで定義されている「サブスクライバーアクセスライセンス」の提供となります。サービスを利用するエンドユーザーごとに、人数分をお申し込みいただく必要があります。
  • 毎年1月頃にMicrosoftの価格見直しがあります。あわせて費用が変更になる場合があります。

※「コアライセンス」は、サービスを提供するサーバのコア数に応じて料金が異なるライセンスです。

お支払い方法

サービスによってお支払い方法が異なります。
詳細はこちらからご確認ください。