Mirai Communication Network
ホーム > SSLサーバ証明書取得 > SSLの重要性

SSLの重要性

  近年、個人情報保護が強く叫ばれるなかSSLの重要性が増しています。
MRSミライレンタルサーバでは3つの認証局にてSSLが取得可能なほか、グローバルサインのワンクリックSSLに対応しております。ワンクリックSSLの場合、オンライン審査により最短2分で発行可能です。
  お客様のサイトの信頼性を高めるにはSSLの取得が重要です。

・弊社が取り扱う認証局についてはこちら

SSLって何?

ssl_on_off.gif SSLはインターネット上で情報を暗号化して送受信する通信手順のことです。

ウェブサイト内のデータを暗号化し、プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号、顧客個人情報、ID・パスワードなどを安全に送受信することができます。


サイト閲覧者は安心してウェブサイトを利用することができます。


ssl.png

一般的なWebサイトであれば情報は全て公開されているものですので、通信途中で傍受されても問題ありませんが、ショッピングサイトなどで個人情報を入力される場合にはSSLの利用が不可欠です。

SSLは自認証という方法で暗号化をする事はできますが、その通信先が正しいサーバかどうかについては証明されないため、暗号化されているからといって送信先が正しいものかどうかはわかりません。

そのためSSLの利用には、サーバが正しい所有者が利用しているものかどうかを証明するために、第三者機関の認証局を利用します。

なぜSSLが必要なの?

  SSLのメリットは以下の2点です。

ssl_point_01.gif

ssl_point1_code.gif   通常、ウェブサイトの閲覧時には「サイト閲覧者のブラウザ 」と「サイト運営者のWebサーバ」との間で『 http 』という通信手順によって通信が行われていますが、『 http 』はセキュリティ機能を持っていないためクレジットカード情報などを入力するショッピングサイトや、お問い合せぺ―ジ、資料請求ぺ―ジ、お申込みぺ―ジなど、お客様情報を扱うページから悪意のあるハッカーに個人情報を盗み見られてしまう可能性があります。
  一方、SSLは「サイト閲覧者のブラウザ 」と「サイト運営者のWebサーバ」がSSLサーバ証明書を利用して暗号化通信を行うため、安全な情報のやりとりが可能となり大切なお客様の情報が漏えいする心配はありません。


※ ウェブページ閲覧のためのアプリケーションソフト。Windowsでは「Internet Explorer」、Macintoshでは「Safari」が代表的です。

 

ssl_point_02.gif

ssl_point2_ outsider.gif   ウェブサイトに専用のロゴを入れていても、サイト名を明記していても、サイト閲覧者が確実に「これは本物のサイトである」とはなかなか判断できないものです。
  実際に多発している「フィッシング詐欺 」は、例えば、実在する銀行のウェブサイトと瓜二つなサイトを作成することで、実際の顧客を誘導し顧客情報を盗み出して不正出金をしているのです。
  その点、SSLサーバ証明書はWebサーバに対して発行されるもので、ドメイン名を認証します。第三者機関である認証局が、Webサーバを運営している企業や団体が実在するかどうか、ドメインの所有者かどうかを調べ、Webサーバ単位でSSLサーバ証明書を発行します。

サイト閲覧者はどのようにして「SSLサーバ証明書の取得」に気がつくのか?

sslcheck1.gif

  サイト閲覧者がいち早くウェブサイトのSSL暗号化通信の可否を判断できるのが「URL」です。

  • 通常の通信手順の場合「http://ドメイン名」
  • SSL暗号化通信手順の場合「https://ドメイン名」

 

sslcheck2.gif

Internet Explorer(Windows)で閲覧している場合

1. ウェブサイトのURLが「https://」であることを確認します。

ssl_win01.gif

2. ブラウザの右上に「鍵のマーク」が表示されます。

3. 「鍵のマーク」をクリックするとSSLサーバ証明書の詳細が表示されます。

ssl_win02.gif

 

Safari(Macintosh)で閲覧している場合

1. ウェブサイトのURLが「https://」であることを確認します。

ssl_mac01.gif

2. ブラウザの右上に「鍵のマーク」が表示されます。

3. 「鍵のマーク」をクリックするとSSLサーバ証明書の詳細が表示されます。

ssl_mac02.gif

 

これらの方法でサイト閲覧者はSSL暗号化通信の可否を確認できるのです。

どのようなサイトにSSLが必要なのか?

  SSLは「サイトとサイト閲覧者間の通信を暗号化する」ものです。あるに越したことはありませんが、サイトの全ページに必要ということではありません。

  では、どのようなぺ―ジに必要なのでしょうか?

  • クレジットカード情報などを入力するぺ―ジ
  • お問い合せぺ―ジ
  • 資料請求ぺ―ジ
  • お申し込みぺ―ジ
  • アンケートぺ―ジ

ショッピングサイトや企業サイト、個人サイトでもあっても、サイトに訪問してくれたユーザの個人情報をサイト運営者側が入手するケースがある場合は、通信を暗号化できるSSLを取り入れたいものです。

SSLって入れないとマズイ?

66.5%ものユーザが「ウェブサイトにSSL暗号化通信がされていること」を重要視しています!

  株式会社 マクロミルの調査によると、ウェブサイト上の問い合わせフォームやショッピングサイトで個人情報を入力する際に最も重要視するポイントとして「SSL暗号化通信がされていること」が66.5%ものユーザに挙げられ「1位」という結果になりました。

  サイト閲覧者も自らの個人情報を提供する際にセキュリティ面に不安を感じているようです。
サイト運営側はそういった不安は取り除かないといけないでしょう。

ssl_investigate.gif