Mirai Communication Network
ミライ・レンタルサーバサービス公式サイト
ホーム > 専有サーバ

sen_ban_01.gifsen_ban_02.gifsen_ban_03.gif

※ディスク容量は必要に応じて変更可能です。SASからSATAへの変更も可能です。

目的に応じた専有サーバラインナップ

セルフマネージドサーバ:SP-1000 Type-Ex

共有サーバやミライマネージド専有サーバの場合、OSや使えるソフトウェアに制限がありますが、セルフマネージドサーバは「OS」をお選びいただき、「ソフトウェア」は自由にインストール・設定・利用が可能となり、より自由なサーバ運用が可能になります。弊社はハードウェアの保守管理及びネットワークの管理のみを行います。そのため、お客様の責任において管理運用していただくため、お客様にはサーバ管理の知識が必要です。

※お客様には遠隔でサーバにアクセスできる状態でお渡しいたします。データセンターに入局しての作業はお断りいたしておりますのでご了承ください。

ミライマネージドサーバ:Type-M

弊社技術管理者がroot権をお預かりし、お客様に代わり運用・管理を行うサービスです。ハードウェア保守及びネットワーク管理以外に、OSやソフトウェアのアップデートも弊社で管理いたしますので、サーバ管理の知識が無くても安心して専有サーバをご利用いただけます。

全てを弊社で管理いたしますので、OSや利用できるソフトウェアには制限があります。

※root権限を弊社で管理している都合上、SSHのご利用はいただけません。SSHを利用した遠隔アクセスが必要な場合はroot権をお渡しするセルフマネージドサーバをご検討ください。

セルフマネージドサーバとミライマネージドサーバ

セルフマネージメントとミライマネージメントの違い

※ミライマネージドサーバのデータ領域は、24時間に1回バックアップを行います。

セルフマネージドサーバは、お客様にroot権をお渡しする事で、OSやサーバソフトウェアのインストール・設定を自由に行っていただけるサービスです。そのため、OSやサーバソフトウェア、データの管理・運用はお客様で行っていただく必要があります。

ミライマネージドサーバは、お客様にroot権をお渡しせずミライで管理いたします。OSやソフトウェアは制限されますが、セキュリティホール対応なども全て弊社技術者が担当いたしますので、お客様でサーバ管理者をご用意いただく必要はありません。

項目 SP - 1000 Type - Ex Type - M
データ管理 お客様 バックアップはミライ
ソフトウェア管理 お客様 ミライ
OS管理 お客様 ミライ
ハードウェア保守管理 ミライ
SSH ×
データセンター入局 不可

  • セルフマネージドサーバにつきましては、技術サポートは行いませんのであらかじめご了承ください。
  • ハードウェアの故障については弊社でも管理を行っておりますが、利用上で疑問がある場合は弊社までお問い合せください。
  • サーバ機器の調達の都合上、ハードウェア仕様が事前の予告なく変更になる場合があります。