Mirai Communication Network
ミライ・レンタルサーバサービス公式サイト
ホーム > 旧サービス > MRS Value & Basic > 新サービスへのコース変更

新サービスへのコース変更

現在、MRS Value&Basic、MRS-20、MRS-50、MRS-100、MRS-130をご利用のお客様。
新サービスへのコース変更には、お客様による「 MRS 新サービス移行申請」と「データ移行作業」が必要です。

※ コース変更に伴うサービス停止は発生しません。
※ MRS-20、MRS-50、MRS-100、MRS-130をご利用のお客様。新サービスでは別途ドメイン費用がかかります。

 

● 新サービス(MRS エントリーV2・スタンダードV2・ビジネスV2)へのコース変更の流れ

1. コース変更お申し込み

現在ご契約の管理画面にログインし、左メニューの「MRS 新サービス移行申請」よりお申し込みください。

2. 登録確認書・移行手順書の郵送

通常5営業日以内に新サービスへの設定を完了し、順次お客様に「登録確認書・移行手順書(確認完了届)」をお送りします。移行手順書を元にお客様自身で移行に伴う作業を行ってください。

3. 移行準備(お客様作業)

お客様自身で以下の移行に伴う作業が必要です。
移行準備が完了しましたら、確認完了届をミライネットまでお送りください。

確認完了届 送付先

[郵送の場合]
〒503-0006 岐阜県大垣市加賀野4丁目1-12
株式会社ミライコミュニケーションネットワーク サポート受付 係

[メールの場合]
mrs@mirai.ad.jp

[FAXの場合]
0584-82-3250

4. ミライネットにて新サーバ向けにwhois情報を変更します。

ご利用開始希望日に合わせてwhois情報を変更します。

サーバ移行後、DNS情報の伝搬に数時間から半日程度かかります。その間一部のネットワークからサーバに接続できない場合があります。

5. ホームページ・メールの送受信等をご確認ください。

※ whois情報の変更時など、弊社よりご登録のご連絡先にご連絡させていただくことがございます。

 移行に伴うお客様作業

コース変更お申し込み後、ご利用開始希望日までに以下の作業を行ってください。

  • コース変更お申し込み
  • ホームページデータの移行
  • 新コース管理画面内POP-ID(メールアドレス)の作成
  • 新コース管理画面内メーリングリストの作成(※ メーリングリストを作成されていた場合)
  • お使いのPCのメールソフト設定の変更(メールサーバー名をIPアドレスに変更する必要があります。)
  • メールソフトに新しいサーバでメールの送受信を行うための設定
  • DBに保存されているデータの移行(※ DBをご利用の場合)

注意事項

ホームページの移行について

  • ホームページデータ移行後の表示確認は、コース変更後ミライネットより郵送いたします登録確認書に記載の初期ドメインでご確認ください。
  • サーバ環境が変わりますので、CGI等のプログラムが動作しない場合は、お客様にて調整を行ってください。
  • 新サービスでは、サーバソフトウェアやサーバ環境を変更しております。以下の「サーバソフトウェアについて」をご覧ください。
  • 旧サービスの管理画面内で各種設定(アクセス制限等)をされていた場合、設定情報が引き継がれませんので新サービス管理画面内にて再設定する必要がございます。

※ 初期ドメイン例:●●●.acs1.mmrs.jp

メールについて

  • 旧サーバのメールデータの移行は行いません。
  • Webメールのみをお使いの方で、フォルダを作成してメールを管理している場合、通常のメールソフトでメールが受信できません。サーバからメールデータも削除されますので、重要なメールは作成されたフォルダから、受信トレイに移動してから、メールソフトで受信(POP)してください。
  • お客様側にて新サーバの管理画面よりアカウントの作成作業をお願いします。
  • メールに関する設定(転送設定等)につきましても、新サービス管理画面で再設定する必要があります。
  • 今までお使いのメールソフトで既に送受信したメールは、削除されません。
  • 旧サーバーのWebメールに登録されたアドレス帳データの移行はできません。

サーバソフトウェアについて

新サービスでは以下のサーバソフトウェアのバージョンを変更しております。

項目MRS-20、50、100、130MRS ValueMRS Basic

(新)
MRSシリーズV2

MySQL - - 4.1系 5.6系 [*1]
PostgreSQL - - 7.3系 9.4系 [*1]
Perl 5系 5.8系 [*2] 5.10系
PHP 4系 4.4系(モジュール版 SafeMode) 5.6系(CGIモード)

※(新)MRSシリーズは、MRSエントリーv2・スタンダードv2・ビジネスv2です

※1 新サービスではデータベースの文字コードが「EUC」から「UTF-8」へ変更となります。
※2 サーバによってPerlのバージョンが異なります。管理画面にログインし、[基本情報]-[サーバ環境閲覧]からご確認ください。

 

MRSエントリーV2・スタンダードV2・ビジネスV2では、PHPなど各種サーバソフトウェア・サーバ環境のバージョンを安定した最新のバージョンでご用意しております。

旧サービスで稼働していたコンテンツがコース変更後も問題なく稼働するかは、各種ソフトウェアの動作要件などご確認の上、コース変更をお申込ください。

CMSなどデータベースをご利用の場合は、コース変更後ソフトウェアの設定ファイルを変更する必要があります。

● サーバソフトウェア・サーバ環境

旧サービスでUrchin5.6をを利用されていた場合

  • Urchinサービスの新規受付を終了しました。

サイボウズをご利用されていた場合

  • 新シリーズではサイボウズはご利用できません。

ペンギンオフィスをご利用されていた場合

  • 新シリーズではペンギンオフィスはご利用できません。