Mirai Communication Network
ミライ・レンタルサーバサービス公式サイト
ホーム > OEMサーバ > ご利用上の注意

OEMレンタルサーバのご利用について

OEMレンタルサーバについて

OEMレンタルサーバではお客様にかわりレンタルサーバの全てをミライネットが管理いたします。OSやミドルウェアのアップデート管理、バックアップ管理を行うパッケージ サービスです。OSやアプリケーションの知識は必要ありません。

  • サーバ室への入室は承っておりません。サーバへのアクセスは遠隔操作のみとなります。
  • お申込いただきましたご契約者様が商用利用をすることは可能です。
  • 第三者に対して有償で再販を行う事も可能です。
  • 本サービスではユーザ領域につきましては24時間に1回バックアップを行っております。このバックアップデータは、ハードウェア破損時などデータがそのまま利用できない場合のための復旧手段とさせていただいておりますので、お客様都合(指示)による復旧は行っておりません。
  • データ消失に関しましては保証を行いません。また、エンドユーザ様に対するサポートも行いません。
  • 万が一のサーバ故障によるサーバ停止が発生した場合、契約約款に基づき対応いたします。ただし、エンドユーザ様に対して直接間接問わず保障する事はありません。
  • こうした故障時間により甚大な損害を被る業務にはレンタルサーバをご利用になれません。
  • 本サービスでは回線帯域規制は特に行っておりませんが、帯域を長時間に渡り専有する利用や同じ通信機器に収容されている他のお客様にご迷惑となるなど、ミライネットで不適切な利用をされていると判断した場合は、規制をかけさせていただくことがございますので予めご了承ください。

禁止事項

以下のようなコンテンツにつきましては設置を禁止させていただきます。 万一、設置が確認された場合は事前の予告無くサービスを停止いたしますので予めご了承ください。

またこの内容はエンドユーザ様が設置するコンテンツにも適用されますので、このようなコンテンツを設置する可能性のあるエンドユーザ様のご利用には注意してください。

  • 著作権や商標権、 肖像権など第三者の権利を侵害する、又は侵害するおそれのあるもの(ソフトウェアの不正コピー等)
  • 公序良俗に反するような写真を掲載するもの(アダルト系サイト・児童ポルノ 等)
  • 公序良俗に反するようなサイトへのリンク及びを中心としたもの
  • 公序良俗に反するような広告バナーを多数設置しているもの
  • 第三者への過度の誹謗中傷を含むもの 上記のほか、 明らかにウェブスペースレンタルサービスの利用形態として好ましくないもの

 

OEMレンタルサーバご利用にあたり

OEMレンタルサーバサービスは、お客様が自社ブランドでレンタルサーバサービスをエンドユーザ様に提供するサービスで、その際の提供価格やプラン設定についてはお客様で自由に決定する事ができます。

サーバ管理に関する事柄についてはミライで行いますが、以下の事柄についてはサービスに含まれておりませんので、お客様で手配をお願いいたします。

  • エンドユーザ様領域の登録・解約(削除)業務
  • エンドユーザ様へのサポート業務(電話やメール、訪問など全てのサポート業務)
  • エンドユーザ様への請求・回収業務
  • エンドユーザ様獲得のための広報
  • その他OEMレンタルサーバに無関係な業務