Mirai Communication Network

【重要】BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2016-8864)

2016年 11月 2日


平素はミライレンタルサーバをご利用いただき誠にありがとうございます。


BIND 9.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのサービス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されました。

本脆弱性は、フルリゾルバー(キャッシュDNSサーバー)の機能が有効に設定されている9.0.0以降のすべてのバージョンのBIND 9が影響を受けることから、対象が広範囲にわたっています。

該当するBIND 9.xを利用しているユーザーは関連情報の収集やバージョンアップなど、適切な対応を速やかに取ることを強く推奨します。

本脆弱性の詳細は、下記をご覧ください。


以上、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともミライレンタルサーバをよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ
電話番号:0584-78-7810
ファックス:0584-82-3250
メール:https://ssl.mirai.ad.jp/mrs/mailform/
営業時間:10時〜18時(年末年始を除く)