Mirai Communication Network

k_ban.gif

ホーム > 共有レンタルサーバ > 管理画面ヘルプ > MRS管理画面ヘルプ > QA

MRS エントリー・スタンダード・ビジネス管理画面ヘルプ

 パスワードが分からなくなった

お客様のログインIDと連絡先メールアドレスが分かれば、「パスワード再発行」より、登録時の連絡先メールアドレスにパスワードが送信されます。

 

 商品ごとにサイトが欲しい

1ドメインしか取得していない場合でも複数ホームページが作成できます。

例)会社名.co.jpドメインを持っている場合

  1. 「商品A」をホストとして登録 → 「商品A.会社名.co.jp」というサブドメインができます。
  2. 商品Aのホームページデータを収納するウェブ領域を作成します。
    (MRS管理画面内[ウェブ管理]→[ウェブ領域登録])
  3. [ウェブ領域一覧]より該当の領域にてをクリックし作成したサブドメインを設定します。
  4. 同様に商品B、商品C...と設定すれば複数ホームページの構築が可能です。

また、マルチドメインもご利用いただけますので、ある商品だけ別の独自ドメインを使用することもできます。(※MRS管理画面で利用可能なドメインとしてドメイン登録を行う必要があります。)

 

他社で取得したドメインを使いたい

他社で取得されたドメインをMRS領域内で利用される場合は、ミライネットではドメイン更新やコントロールは行うことができません。

お客様にてドメインのネームサーバ情報(プライマリDNS・セカンダリDNS)を変更する必要がございます。

 

管理画面内、「ドメイン管理」ページにてご確認ください。

なお、よりスムーズなご利用のため、ミライ・ドメインセンターへのドメイン移管をオススメします。

 http://www.ドメイン名.jpで表示したい

管理画面 → [ドメイン管理]→[ホスト登録]で「www」を登録後、「ウェブサーバを設定する」にチェックを入れ、設定を行ってください。

 

 外部のサーバを指定したい

各ホストごとにウェブアクセス先や、メールの配送先を外部サーバに向けることが可能です。
管理画面 → [ドメイン管理] → [Aレコード]もしくは[MXレコード]の各ホスト名の編集から、IPアドレスで指定してください。

ドメインはMRS管理画面に収納されているドメインを使用し、外部の別サーバにあるコンテンツにアクセスさせることができます。

 

ウェブ領域登録がうまくいかない

  • ドキュメントルートと同階層に設定したい・・・ウェブ領域パス入力時『/ディレクトリ名/』と入力する
  • public_html以下に設定したい・・・ウェブ領域パス入力時『/public_html/ディレクトリ名/』と入力する

※ 必ずスラッシュから入力してください。

ウェブ領域登録時の項目について

  • 領域名・・・お客様で領域を把握できるようご自由に名称を設定してください。
  • 識別名・・・領域を識別するためのものです。
  • ウェブ領域パス・・・FTPの際の転送初期フォルダとなります。

共有SSLの使い方が分からない

  1. SSLを使用したい領域に該当のページを用意します。
  2. 管理画面[ウェブ管理]-[ウェブ領域一覧]にある「共有SSL」の設定で1.の領域を設定します。
  3. 「表示URL」がhttps通信ができる共有SSLのURLです。URLの変更はできません。

※ 登録された領域とは別領域で利用されたい場合は、一旦、「共有SSL削除」を行ってから新規でご登録ください。
※ 設定できる領域は1つです。

お手軽に暗号化された信頼性の高いページを作成することができます。弊社で用意したSSL認証局に登録されているドメインを共有してご利用いただくこととなります。ショッピングサイトや個人情報を扱うメールフォームなどにご利用ください。

 

 アクセス自動振り分け設定の使い方が分からない

  1. 管理画面にてアクセスを振り分けるディレクトリを設定します。(PC用・携帯用)
  2. FTPソフトで1.で指定したディレクトリをご自身で作成してください。
  3. PC用データ、携帯用データを各ディレクトリへ設置してください。

※ 1.で設定すると該当の領域に.htaccessが設置されます。振り分け設定に必要なものですので削除しないでください。

 

メールソフトの設定方法が分からない

設定例:初期ドメインが「xxx . acs1 . mmrs . jp 」の場合

  • 受信サーバ名(POP): acs1 . mmrs . jp
  • 送信サーバ名(SMTP): acs1 . mmrs . jp
  • アカウント名(POP-ID):メールアドレス
  • パスワード:管理画面で登録したメールアドレスのパスワード

※初期ドメイン・・・ご契約と同時に弊社から無料で提供しているドメインとなります。

なお、こちらでメールソフト設定をご案内しております。

 

メールのウィルスチェックの設定はありますか

管理画面内で「有効/無効」の設定はありません。

MRSエントリー・スタンダード・ビジネスではメールのウィルスチェックを標準搭載しております。
メールアドレス宛にウィルスメールが送られて来ますと、サーバ上での駆除後、ウィルス検出通知のメールをお送りしております。

ウィルス検出通知のメール例

  • 差出人のメールアドレス:vchk@mirai.ad.jp
  • 件名:ウィルス検出通知(ウィルス名)※ウィルス名は"EICAR_Test_File"など様々です。

 

カウンターの設定方法がわからない

  1. 管理画面内 → [簡易CGIプログラム]→ [カウンター設定]から設置したい領域のディレクトリパスを入力、初期値を設定する
  2. ボタンをクリックすると、htmlファイルに記述するカウンタータグが表示されます
  3. カウンタータグを表示したいhtmlファイルに記述する

※カウンタータグをhtmlファイルに記述する際は、管理画面に表示されているタグをそのままコピー&ペーストすることをおすすめします。

 メールフォームの設定方法がわからない

  1. 管理画面の設定により設置したい領域にメールフォームをインストールする
  2. FTPソフトなどで"mailform"ディレクトリを確認
  3. "mailform"ディレクトリ内のindex.htmlファイル内でフォーム名、データを受け取るメールアドレスを設定・・・※1
  4. "mailform"ディレクトリ内のindex.htmlファイルに必要な情報を記述する・・・※2
  5. 設置した領域のURLにアクセスし動作確認
    ※ 設置するメールフォームは、(1)入力画面(2)投稿完了画面の2画面です。

※1

  • <input type="hidden" name="title" value="フォーム名を入力">
  • <input type="hidden" name="admin" value="受け取りたいメールアドレスを入力">

※2

例)「お名前」、「ご住所」、「送信」ボタンを用意する場合

  • お名前<input type="text" name="namae">
  • ご住所<input type="text" name="address">
  • <input type="submit" value="送信">

※ htmlファイルを作成・編集される場合は文字コードをEUC-JPにして保存してください。

 URLにアクセスすると「サーバが見つかりません。」と表示される

  • MRS管理画面内でURL登録したのに表示ができない場合は、1時間ほど時間をおいてから再度アクセスしてください。

MRS管理画面内の設定で、ホスト登録直後にURL登録をした場合、ウェブ表示の反映に数分かかります。反映前にURLへアクセスした場合、「サーバが見つかりません。」などウェブ表示ができません。一度、「サーバが見つかりません。」などの画面にアクセスされた場合は、1時間ほど時間をおいて再度アクセスしてください。(※ブラウザの更新ボタンをクリックしてください。)

 共有SSL設定後、表示URLにアクセスすると「Proxy Error」と表示される

  • MRS管理画面内で共有SSL設定後、表示URLにアクセスしたのに表示ができない場合は、1時間ほど時間をおいてから再度アクセスしてください。

MRS管理画面内の設定で、ホスト登録直後にURL登録をした場合、ウェブ表示の反映に数分かかります。反映前に共有SSL登録し、共有SSLの表示URLへアクセスした場合、「Proxy Error」と表示されウェブ表示ができません。一度、「Proxy Error」が表示された場合は、1時間ほど時間をおいて再度アクセスしてください。(※ブラウザの更新ボタンをクリックしてください。)