Mirai Communication Network
ホーム > 共有レンタルサーバ > 料金・機能比較一覧 > その他機能 >

POP/SMTP over SSL メールソフト設定

POP/SMTP over SSLはメールを送受信する際、ユーザとメールサーバ間の通信にSSLを利用します。

POP/SMTP over SSLを利用するにはメールソフトでの設定が必要となります。
メールソフトによって異なりますのでご注意ください。

メールソフト

Windows

Macintosh

ポート番号をご確認ください

メールソフトでSSLの設定をすると、自動的にPOP/SMTP over SSL標準のポート番号に変更される場合が多数ですが、メールソフトによっては手動で設定する場合がございます。

ポート番号をご確認ください。

受信ポート番号(POPS) 995
送信ポート番号(SMTPS) 465

 

メールソフトSSL設定箇所
 Windows
Windowsメール

【POP over SSL 設定】

  1. [ツール(T)]-[アカウント(A)]-「インターネットアカウント」画面が表示
  2. 「設定したいメールアドレス」を選択して「プロパティ」ボタンをクリック
  3. [詳細設定]タブをクリックして以下のように設定
    ・「受信メールPOP3(I)」・・・「995」に設定。
    ・「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)必要(C)」・・・チェックを入れる。
  4. 「プロパティ」画面の「OK」ボタンをクリックし、「インターネットアカウント」画面も「閉じる」ボタンをクリックして終了

【SMTP over SSL 設定】

  1. [ツール(T)]-[アカウント(A)]-「インターネットアカウント」画面が表示
  2. 「設定したいメールアドレス」を選択して「プロパティ」ボタンをクリック
  3. [サーバー]タブをクリックして以下のように設定
    ・ 送信メールサーバーの項目の「このサーバーは認証が必要(V)」・・・チェックを入れる。
    ・ 右の「設定(E)」ボタンをクリック
  4. 「送信メールサーバー」画面が表示
  5. ログオン情報の項目の「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」を選択し、「OK」ボタンをクリック
  6. 「プロパティ」画面に戻るので、[詳細設定]タブを選択し以下のように設定
    ・ サーバーのポート番号の項目の「送信メール(SMTP)(O)」・・・「465」に設定。
    ・「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)必要(Q)」・・・チェックを入れる。
  7. 「プロパティ」画面の「OK」ボタンをクリックし、「インターネットアカウント」画面も「閉じる」ボタンをクリックして終了
Outlook Express 6
  1. [ツール]-[アカウント]を選択
  2. 表示されたウィンドウのタブから[メール]を選択し、設定するメールアドレスのアカウントを選択して[プロパティ]ボタンをクリック
  3. プロパティより[詳細設定]のタブを選択
  4. [サーバのポート番号の項目]を以下のように設定

【送信メール(SMTP)】

・「このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)」
→チェックを入れる。

・ポート番号を「465」に設定


【受信メール(POP3)】

・「このサーバはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)」
→チェックを入れる。

・ポート番号を「995」に設定

Outlook 2007
  1. [ツール]-[アカウント設定]を選択
  2. [アカウント設定]の[電子メール]タブを選択し、編集したいアカウントを選択し[変更(A)]ボタンをクリック
  3. [電子メールアカウントの変更]ウィンドウの[詳細設定(M)]をクリック
  4. [インターネット電子メール設定]ウィンドウの[詳細設定]タブを選択
  5. [サーバのポート番号]の項目を以下のように設定

【受信サーバー(POP3)(I)】

・「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E)」
→チェックを入れる。

・ポート番号を「995」に設定


【送信メール(SMTP)(O)】

・「使用する暗号化接続の種類(C)」
→[SSL]を選択してください。

・ポート番号を「465」に設定

Outlook 2003
  1. [ツール]-[電子メールアカウント(A)]を選択
  2. [電子メールアカウント]ウィンドウの「既存の電子メールアカウントの表示と変更(V)」を選択し[次へ(N)]
  3. [電子メールアカウント]ウィンドウの中から設定したいメールアカウントを選択して、[変更(C)]ボタンをクリック
  4. [インターネット電子メール設定]ウィンドウの[詳細設定]タブを選択
  5. [サーバのポート番号]の項目を以下のように設定

【受信サーバー(POP3)(I)】

・「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E)」
→チェックを入れる。

・ポート番号を「995」に設定


【送信メール(SMTP)(O)】

・「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(C)」

・ポート番号を「465」に設定

Becky 2.x
  1. [ツール(T)]-[メールボックスの設定(M)]から基本設定のタブを選択
  2. [サーバー情報]の項目を以下のように設定してください。

【POP3サーバー(受信)(M)】

→「POP3S」にチェックを入れる。


【SMTPサーバー(送信)(S)】

→「SMTPS」にチェックを入れる。


※「POP3S」にチェックを入れると、「ポート番号をSSL標準の955に変更しますか?」と警告がでます。
[はい(Y)]ボタンをクリックしてください。


※「SMTPS」にチェックを入れると、「ポート番号をSSL標準の465に変更しますか?」と警告がでます。
[はい(Y)]ボタンをクリックしてください。

  1. [ツール(T)]-[メールボックスの設定(M)]から[詳細]のタブを選択してください。
  2. [サーバーのポート番号]を以下のように設定してください。
    【SMTP】
    →ポート番号が「465」になっているか確認。
    【POP3】
    →ポート番号が「995」になっているか確認。
  3. [SSL/TLS関連]を以下のように設定してください。
    【受信用(C)】
    →デフォルト
    【送信用(T)】
    →デフォルト
    【証明書を検証しない(S)】
    →サーバ証明書を検証しない場合、チェックを入れます。
Thunderbird

【POP over SSL 設定】

  1. [ツール(T)]-[アカウント設定(C)]を選択
  2. 左メニューから編集するメールアカウントの中の「サーバ設定」を選択
  3. [セキュリティ設定]の項目の「SSLを使用する(L)」にチェックを入れます
  4. [ポート(P)]が「995」になっている確認してください

【SMTP over SSL 設定】

  1. [ツール(T)]-[アカウント設定(C)]を選択
  2. 左メニューから編集するメールアカウントの中の「送信(SMTP)サーバ」を選択
  3. 設定するアカウントを選択して右の「編集」をクリック
  4. [SMTPサーバ]ウィンドウがひらきます
  5. 「ユーザ名とパスワードを使用する」にチェックが入っているか確認
  6. [セキュリティと認証]の項目内の[保護された接続を使用する]にある「SSL(L)」にチェック
  7. [設定]の項目内の[ポート番号(P)]が「465」になっているか確認してください
Thunderbird3

【POP over SSL 設定】

  1. [ツール(T)]-[アカウント設定(C)]を選択
  2. 左メニューから編集するメールアカウントの中の「サーバ設定」を選択
  3. [ポート(P)]が「995」になっている確認してください
  4. [セキュリティ設定]の項目の「接続の保護(U)」は「SSL/TLS」を選択
  5. [セキュリティ設定]の項目の「認証方式(I)」は「通常のパスワード認証」を選択

【SMTP over SSL 設定】

  1. [ツール(T)]-[アカウント設定(C)]を選択
  2. 左メニューから編集するメールアカウントの中の「送信(SMTP)サーバ」を選択
  3. 設定するアカウントを選択して右の「編集」をクリック
  4. [SMTPサーバ]ウィンドウがひらきます
  5. [設定]の項目内の[ポート番号(P)]が「465」になっているか確認してください
  6. [セキュリティと認証]の項目の「接続の保護(N)」は「SSL/TLS」を選択
  7. [セキュリティと認証]の項目の「認証方式(I)」は「通常のパスワード認証」を選択
 Macintosh
MacOS X Mail

【送信サーバ】

・送信サーバのポート番号入力する際「SSL(Secure Sockets Layer)を使用」のチェックボックスにチェックを入れます。
→自動的にポート番号が「465」となります。


【受信サーバ】

・送信サーバのポート番号入力する際「SSLを使用」のチェックボックスにチェックを入れます。
→自動的にポート番号が「995」となります。