Mirai Communication Network
ホーム > 共有レンタルサーバ > 料金・機能比較一覧 > 迷惑メールフィルター

迷惑メールフィルター

迷惑メールフィルターの特徴

メールサーバで迷惑メールと判断したものには件名に [MEIWAKU] と付加します。
お客様のメールソフトの振り分け機能を利用すれば、迷惑メールを簡単に振り分けることができます。
※このサービスを利用しても、すべての迷惑メールが正確に判断されるわけではありませんのでご注意ください。

spam_f.gif

※通常は無効な状態となっております。
※利用をご希望の場合は管理画面-[メール管理]-[POP-ID一覧]より設定をお願いいたします。

 

対応状況

項目/MRS Liteプラス エントリーv2 スタンダードv2 ビジネスv2
迷惑メールフィルター 標準搭載 標準搭載 標準搭載 標準搭載

迷惑メールフィルター判別方法

迷惑メールフィルターでは、以下の方法にて迷惑メールを判定します。

  • ヘッダの分析
  • 本文内の文章の分析
  • ベイズ理論
  • インターネット上の迷惑メール情報データベースの参照
  • DNSブロックリスト(RBL、Realtime Blackhole Listsと呼ばれることもあります)
  • 文字セットや言語

そのため、迷惑メールではないものでもこれらのブラックリストに登録のある場合は迷惑メールと判断されてしまいます。また、逆に迷惑メールと感じるものが通常のメールとして届くこともあります。
※誤判定があった場合、件名に[MEIWAKU]の文字を削除して再受信することは一切できませんのでご了承ください。

 RBL(Realtime Black List)とは?

RBLとはRealtime Black Listで、迷惑メールの送信元となっているサーバのリストです。
SPAM送信者が所持しているメールサーバのほか、認証なしで 第三者の送信を許可しているメールサーバも含まれております。

 ベイズ理論とは?

ベイズ理論とは、過去に起きた事象の発生頻度(確率)から未来の出来事の発生頻度(確率)を予測するという理論。
これにより学習型フィルターでは、迷惑メールを振り分ける際にメールの特徴を覚え、以後に送られてくる同様の迷惑メールを自動的に迷惑メールと判断します。

メールソフトの設定変更について

「迷惑メールフィルター」を利用し、お客様自身で利用されているメールソフトの自動振分機能を活用して、
[MEIWAKU]と件名についたメールを「フォルダ」に移動するようにしておけば、迷惑メール以外のメールと
迷惑メールを分けることができます。

 

メールソフトの設定変更につきましてはミライセキュリティセンターにてご確認ください。

いますぐお申し込み